不動産会社のいいなりにならないために

2017年01月10日 15時44分

こんにちは、管理人のミナトです!


不動産会社のいいなりにならないために、
どうすれば良いか?

対策方法をお教えしましょう!

誰でも使えるやり方なので、ぜひ覚えておいてくださいね!


不動産会社の営業マンのココを見る!

必ずしも信頼できる営業マンだけではありません。

営業マンのここを見て、信頼できるか判断することができるポイントをお教えするので、

当てはまったら、担当者の交代を打診しましょう。

営業マン本人ではなく、不動産会社に連絡すれば問題ありません。


・高く売る気が感じられない

・専門用語を多用して何を言っているか理解できない

・自信がなさそうにしている



このうち2つが当てはまったら、変更しないと大変なことになるかもしれません。

売却金額に関わってくる大きな問題ですので、

勇気を持って打診しましょう。

 

不動産会社に対してこれだけは質問する

不動産会社に売却を依頼すると、
不動産会社は売却活動を始めます。

売却活動とは

web上に広告を載せる

広告を撒く



などのアクションがあります。


そこで、ちゃんと売却活動をやっているかチェックするのです。


・web上に広告はどのくらい載せているのか?

・広告は何枚くらい撒いているのか?

・他の不動産会社と自分の物件について情報共有はどのくらいしているのか?



この3点を質問し、何度も曖昧な態度を取るようでしたら
その不動産会社は変更した方がいいでしょう。

 

「不動産会社のいいなりにならないために」まとめ

営業マンを見極めるのはとても大事です!

不動産会社の「顔」なのですから。

ここで紹介した決まった質問をするだけで、

不動産会社の怠慢を大半は防げます!

ぜひやって見てくださいね!


トップページへ戻る